昼さくらの木につく毛虫(モンクロチャチホコ)について

投稿日時: 09/12 自治会KDY

<モンクロシャチホコとは>                                      
8月末から9月上旬ごろまで、毛虫を目にすることがあると思います。
サクラの木につく、黒色の体に黄白色の毛、体長5センチほどのケムシがモンクロシャチホコの幼虫です。

幼虫は群生し、サクラやナシ・ウメ等、バラ科の植物を好み、葉を大量に食べて育ちます。
体を反り返す姿がシャチホコに似ていること、成虫に黒い紋があることから、モンクロシャチホコの名がついたとも言われています。
葉を食べて育った幼虫は、9~10月頃地上に下り、落葉や土の中の浅いところでサナギになり越冬します。
7~8月頃に成虫の蛾が羽化し、葉裏に卵をかたまりで産みつけます。
8~9月頃にサクラにつくケムシは、ほとんどがモンクロシャチホコです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 モンクロシャチホコの幼虫               毒はありません (個人差はありますが、触れないようにしてください)

<駆除について>                                           

モンクロシャチホコを駆除するためには広範囲への薬剤散布が必要となり、広い範囲で環境や人体への影響が懸念されます。
また、薬剤散布によりモンクロシャチホコ以外の小動物も無差別に駆除することとなり、生態系への影響もでてきます。
モンクロシャチホコに毒はなく、直接触っても問題ありません。
薬剤の使用による悪影響を考え、原則として駆除は行いません。
緑山住宅内のさくらの木は30年以上もの年月が経ち、私達の目を愉しませてきましたが、樹木にも老いは避けられません。
現在、緑山住宅内のさくらの木は町田市が2年ごとの計画で剪定を行っていますが、今後は、老木のさくらの木についても
伐採した方が良いか、せずに少しずつ景観を損なわいよう新しいさくらの木へ入れ替えていくことも自治会は市と協議しながら
検討しております。ご理解をお願いいたします。

三輪緑山自治会 環境整備