新着
町田市バイオエネルギーセンターは、生まれ変わり2022年2月に再建工事も終わり見違えるような施設に変わりました。熱回収施設(焼却施設)、不燃粗大ごみ処理施設、また、首都圏初となる乾式メタン発酵施設(バイオガス化施設)を有する町田市のごみ処理施設です。町田市では、地域や地球環境を守るために、「ごみになるものを作らない・燃やさない・埋め立てない」を基本理念とし、生ごみの減量の取り組みとして、生ごみ処理機やたい肥化容器を活用した家庭での自家処理を奨めています。それでも出てしまった生ごみを資源化するために、バイオガス化施設を導入しました。また、管理棟や屋外のテラスには、市民が集い、憩うことのできる空間を備え、環境学習やワークショップの場を提供しています。                      担当役員が5月17日(火)、バイオセンターを視察してきました。                                                      建物周囲は緑に囲まれ、素晴らしい施設を是非、ご覧ください。 https://machidashi-bioenergycenter.com/calendar/ 町田市バイオセンターパンフ.pd...
現在、まだ新型コロナウィルス感染情況に厳しさがあるため、6月の町トレは続けてお休みとさせていただきます。 7月については6月中旬に決定しますので、お役立ち情報、回覧、みどり山NEWSで連絡いたします。           今後の開催に向けて、現状を正しく判断しながら前向きに検討していく予定です。    (健康福祉担当)  
カラスにご注意ください。3~5月は、カラスの繫殖期間です。燃えるゴミ(黄色)を口ばしで破り、生ゴミ等を荒らす時期です。ヒナを育てている期間は、親カラスがエサを取るために威嚇や攻撃をすることもあります。    
地域猫について、平成29年度(2017)に「地域猫見守り隊」を発足してから4年になります。皆様のご理解とご協力により、現在、さくら通り公園でエサ遣りを実施しています。2丁目のさくら通り公園でのエサ遣りは、当初30~45頭いた野良猫も捕獲→去勢手術→解放を繰り返し、現在は3~4頭ほどが生存しているようです。ただ、1丁目、3丁目でもノラ猫が目撃されています。先ずは去勢手術を施し繁殖を止めることが求められます。ノラ猫の糞尿の被害等が見られる場合は、自治会事務所へご連絡をお願い致します。自治会は捕獲機の貸し出しもしています。また、害のない薬剤等でノラ猫を遠ざける対策も必要に応じて行っています。先ずは自治会事務所へご相談ください。  
日頃、自治会活動にご理解とご協力を有難うございます。さて、本日(5/8)の班長会でもお知らせ致しましたが、これから梅雨時期に入ると庭木の成長に伴い歩道に枝が迫り出したり隣接の敷地へ延びたりと、お手入れが必要な時節になってきます。事前に庭木の状態を見ながら、剪定、伐採のご協力をお願い致します。※下記貼付の資料が読みづらい方は、自治会事務所にも紙ベースでご用意しております。三輪緑山自治会/環境整備担当
日頃は、クリーンデーの活動にご理解をいただき有難うございます。緑山1~3丁目には、7か所の公園が在ります。公園をいつもキレイにすることで、皆様と共に気持ちの良い環境づくりを目指しています。本年も宜しくご協力をお願い致します。 集合時間: 8:45am集合場所: ●三輪中央公園 ●コミュニティパーク ●けやき公園 の3か所です ※集合場所の公園には役員が待機しておりますので、不明な点はご案内させて頂きます。 三輪緑山自治会/環境整備  
現状のコロナ感染情況を考慮し、5月の町トレは中止いたします。 6月については5月中旬に決定しお役立ち情報で連絡します。(健康福祉)